“家をつくる”ことは、これからどのような時間を過ごしていくか、ご自分、ご家族と向き合って考えていくきっかけになると思います。家づくりをご一緒させていただいて、お話を重ねていくことで、ご自分でも意識されていなかった無意識の発見もたくさん出てきます。改めて口に出すことによって、これからの家族の関係、流れる時間が素敵なものになるように思います。そのご家族の想いをベースに、周辺環境を取りこみ、場に浸透する居心地の良い家になるように心がけています。 私自身も賃貸マンションから、現在の家(荻窪の家)に2013年に住み替えました。以前はお掃除も苦痛でしたけど、今は掃除からメンテナンス、植物の手入れなど、家にまつわることでやりたいことがあふれています。主人も娘も一緒に床のオイルを塗ったり、家族の年中行事のように楽しんでいます。お家を設計させていただいた友人からも、「以前はお休みになると必ず出掛ける予定をたてていたのに、今はお家で過ごす時間がとてもいい!」と言ってもらえ、改めて“家をつくる”ことの大きさを実感しました。一人でも多くの方に、居心地の良いご自分にフィットした空間で素敵な時間を過ごしていただけたら、そのお手伝いができたら何より嬉しいです。 また、仕上げ材を選ぶときに、時間の経過とともに消耗されるものではなく、無垢材、珪藻土などの塗装の壁など、変化を楽しめて再生出来るものを意識しています。そして出来るだけ自分でもメンテナンスできる素材で、メンテナンスも楽しんでいただけたら。もちろん業者さんにやっていただいてもオッケーですが…。(笑) そして、“家をつくる”と言っても、色々なシチュエーションがあります。敷地から探して新築する、古屋付の土地を買ってリノベーションする、2世帯にするために両親が住んでいるお家を改築、リノベーションする、店舗や事務所、賃貸スペースを併設したい、相続で…など、それも木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、構造も様々です。私たちは、それぞれ、新築、増築など色々なケースを経験しておりますので、ケースバイケースに最適なご提案をさせていただきます。敷地探しからもお付き合いさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。 【代表 プロフィール】  金子 智子 (カネコ サトコ) 一児(女子)の母です。犬(ミニチュアシュナウザー)を飼っています。 趣味は、観葉植物、着物、金継ぎ、などなど色々やりたい派です。 1988 茨城県立水戸第二高等学校 卒業 1993 武蔵野美術大学造形学部建築学科 卒業 1995 東京芸術大学美術研究科建築科修士課程 修了 1995(株)近代建築研究所 入社 1997(株)早川邦彦建築研究室 入社 2004 金子智子建築設計室一級建築士事務所 設立 2011~2015 武蔵野美術大学造形学部建築学科 非常勤講師
Dienstleistungen:

サステナブル建築, スマートハウス, バリアフリー化, ユニバーサルデザイン, リノベーション, 狭小住宅の建築, 空間設計, 建築設計, 古民家再生, 高級リフォーム, 住宅の新築, 住宅設計, 省エネ住宅, 増改築, 耐震診断, 注文住宅, 二世帯住宅, 賃貸併用住宅, インテリアデザイン

Einsatzorte:

杉並区, 東京23区, 神奈川県, 埼玉県, 千葉県, 茨城県, その他地域もご相談に乗ります

家づくりはこれから過ごされる時間をデザインすること。その過程を一緒に楽しみましょう。変化に応じて長いお付合いをさせていただけたら嬉しいです。

page_type: prop_plus_profile
Kontakt:金子智子
Standort:〒167-0032
東京都杉並区
天沼3-26-19
Impressum
Durchschnittliche Projektkosten:25.000.000 JPY - 200.000.000 JPY目安として、新築の木造住宅で総工事費の11%~13%となります。基本的には最低金額250万円より承りますが、リノベーション、インテリアの場合、規模、状況に応じて別途お見積りさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
Deutschland
Mein Benutzererlebnis mit Cookies anpassen

Indem Sie weiterhin auf der Website surfen bzw. die App nutzen, stimmen Sie der Verwendung von Cookies und von ähnlichen Verfahren der Houzz Gruppe zur Verbesserung der Produkte, Dienstleistungen, zur Darstellung von relevanten Inhalten und um das Nutzererlebnis anzupassen, zu. Mehr erfahren.